2012年08月07日

日本人の歯並び

図1.jpg
こんにちは、院長の山澤です。
みなさんはオリンピック観てますか?
オリンピックでの日本の活躍、嬉しいですね!
私はついつい遅くまでTVを観てしまい、寝不足の毎日が続いてしまいます。
オリンピック選手のインタビューなどを見ていて、感じたのですが・・・
日本のアスリートたちの歯並びが外国の選手に比べて悪い方が多いような気がします。

アライン・テクノロジー・ジャパン株式会社の行った意識調査によると、
日本に住む外国人100名のうち76%と多くの外国人が、日本人の歯並びを悪いと感じているようです。
また、日本、中国、アメリカの一般男女600名の意識調査では、海外の矯正治療に対する前向きなイメージとは対照的に、日本では矯正治療の見た目に抵抗感が強い人が多いみたいです。
歯並びの重要性については日本でも高い認識があるが、
日本人は、矯正装置をつけることに心理的な抵抗があったり、目立たない装置を求めたり、という傾向が目立つようですね。

最近の矯正治療では、針金を裏側に付ける舌側矯正や、取り外しのできる透明なマウスピース矯正などの目立たない矯正装置でも歯並びの治療が可能になってきましたが、日本では海外に比べてあまり浸透していないようです。

歯並びは見た目の美しさだけでなく、口腔内や身体全体の健康にも大きく関わっています。
日本でも歯並びへの関心が高まり、日々進歩する矯正治療の情報が広くみなさんに伝わるよよう、私たち矯正医も努力しないといけないと感じました。
日本のアスリート達の歯並びが良くなれば、日本の金メダルはもっと増えるかもしれないですね!!

posted by 目白歯科矯正歯科 at 13:18| Comment(0) | 歯並び | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。