2015年11月30日

冬ですね♪

こんにちは。助手の岡田です。

すごく寒くなり雪も降ってすっかり冬ですね♪
今年は雪が少なくてゲレンデのオープンが遅れていて心配でしたがちらほらオープンし始めました\(^o^)/

さて、今回は妊娠期の歯科治療についてお話したいと思います!

妊娠中に歯科治療が行える時期
原則的に妊娠中に一般的な歯科治療を行なってはいけないという時期はありません。
治療は妊娠中期(5ヶ月~8ヶ月)であればほとんどの方が問題なくできます。
妊娠初期、妊娠後期は基本的に応急処置のみ行うのがいいようです。
妊娠初期2~3ヶ月間は非常に流産しやすいので過度な緊張や、長時間にわたる治療はなるべくさける様にした方が良いそうです。
そういう場合はいったん応急処置にとどめておいて、妊娠4~7ヶ月の安定期に治療を行なう事をお勧めします。
虫歯であれ、歯肉炎であれむしろ必要があれば安定期に積極的に治療することをお勧めしているようです。
出産後はご自身の時間を取りにくいので歯科治療は分娩前に済ませてしまう方が良いそうです。

妹が現在妊娠4ヶ月で、幸い虫歯はないのですがつわりで食生活が乱れているので口の中がどうなっているのか心配です(>_<)

体調が安定しないかと思いますが、できれば定期検診を受診されることをおすすめします。


20151201140642974.jpg
posted by 目白歯科矯正歯科 at 14:06| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

セミナー

こんちには、衛生士の井田です(^ ^)

先日松岡先生によるクリアスマイルアカデミー スタッフセミナーに参加してきました。

みなさんインビザラインという言葉はご存知ですか?
インビザラインというのはマウスピースを使用し歯並びを綺麗に治していく治療方法です。透明なマウスピースを使用するためマウスピースを装着していてもほとんど目立ちません!
目立たない矯正治療それが「インビザライン」です☆

セミナーではインビザラインについての特徴や仕組み、患者さんへの説明の仕方などを勉強してきました。多数のインビザラインでの症例を見させていただいて再度インビザラインというのはとても良い治療方法だと感じました。

まだまだインビザラインについて知らない方もたくさんいると思います。
目白歯科では矯正専門の先生がいるので歯並びについて悩んでいる方がいましたら一度相談にしに来てください!!
さまざまな矯正治療の中から自分にあった治療方法を見つけられると思います(^ ^)878C62EE-F96E-497B-83D4-93E2E045E56E.jpg4D664A1F-4E79-4D95-97BA-A57BDC07410E.jpg
posted by 目白歯科矯正歯科 at 17:09| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

2015年11月16日

親知らず3

歯科医師の依田です☆風邪が流行っていますね…(;_:)
今回は親知らずの抜歯の仕方について書きたいと思います。

 親知らずの抜歯は、局所麻酔をして行います。抜歯にかかる時間は通常30分から1時間ほどですが、歯が埋まっている場合は歯肉(歯ぐき)の切開、歯や骨を削るといった処置が必要になる分、余計に時間がかかります。また、特に下顎(あご)の親知らずの場合、歯根が下顎管(神経がある管)に近接または接触していて、抜歯の際に神経を傷めてしまう可能性があります。下の親知らずを抜歯すると腫脹・疼痛が必ず出現します。
 上顎(あご)・下顎(あご)を問わず、親知らずの抜歯は、まずかかりつけの歯科医に相談し、かかりつけの歯科医での対応が難しい場合は、対応できる歯科大学の付属病院を紹介されることがあります。
 
 現在は特に問題がなくても、将来問題を起こす可能性が高い場合、予防のため抜歯を勧められることがあります。また、特に妊娠中は歯のトラブルが起こりやすいため、痛くなくても妊娠前には親知らずを抜いておくよう私はお勧めしています。何かご不明な点があれば御説明させて頂きます☆
posted by 目白歯科矯正歯科 at 09:38| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。